10 Design reveals their competition-winning design for the future Grassland Village educational hub and school  in Hangzhou
Courtesy Design 10

10 Designが杭州の未来の草原村の教育拠点と学校のコンペ受賞デザインを公開

5 Jan 2024  •  ニュース  •  By Allie Shiell

国際的な建築事務所である10 Design(エジス・グループ傘下)は、中国・杭州の強健新城開発において、1,000人の小学生のための革新的な学校と教育ハブを設計するコンペに勝利した。開放性、活力、持続可能性に重点を置いた「草原村」のコンセプトは、一般的に単一の施設建築を特徴とする従来の小学校のレイアウトを打ち破るものだ。

photo_credit Courtesy Design 10
Courtesy Design 10

総面積74,000平方メートルのこのプロジェクトは、杭州の密集した都市構造の中にオアシスのように浮かぶ起伏のあるグリーンデッキで、ウォーターフロントの敷地を最大限に活用している。人間工学に基づいて設計されたデッキは、機能的なクラスターを結びつけ、景観、教師、生徒の交流を促進する十分な緑の屋外スペースを提供しています。

photo_credit Courtesy Design 10
Courtesy Design 10

マスタープランには、科学、美術、体育、IT、パフォーマンス・アートなどの専門施設を備えた48の教育ユニットが含まれている。3つの教育棟は高速道路から離れた場所にあり、学年や年齢によって棟が分かれているため、同年齢の生徒たちのコミュニケーションや集団学習が促進される。

photo_credit Courtesy Design 10
Courtesy Design 10

グリーンデッキの下には、図書館、食堂、アクティビティルームなどの共有施設があり、キャンパスを東西に貫くメインストリートに沿って配置され、中心的なパブリックスペースとして機能している。天窓のある吹き抜けは、親密な中庭や休憩スペースを作りながら、専門的な教室に日差しを取り込む。

この学校は、より広範なコミュニティにとって、利用しやすく子供に優しいスペースとしての役割も担っている。特に、この計画では、敷地の北西の角に、一般にも利用しやすい800席のパフォーマンス・シアターを設置する。

全体として、日照、自然換気、緑地面積を最大限に活用することを目標としており、これは教室の設計や方向性にも反映されている。このアプローチは、自然の中にある安全で健康的なキャンパスを反映するため、ファサードに選ばれた自然な質感を持つアースカラーのマテリアルパレットによって強化されている。

photo_credit Courtesy Design 10
Courtesy Design 10

このプロジェクトは、デザイン主任のペビー・プラタマが指揮を執った: 「私たちのビジョンは、将来の世代のために、環境教育と社会的交流を促進する学習環境を創造することです。開放性、活力、持続可能性を強調したデザインは、有機的な反応であると同時に、杭州の新しい都市における自然の祭典です。"