10 tiny houses that capture the imagination
Andrés Villota

想像力をかきたてる10の小さな家

29 Dec 2023  •  仕様  •  By Gerard McGuickin

タイニーハウスは、建設業界が気候変動に与える悪影響を軽減するための、ささやかではあるがひとつの解決策となる。「国際エネルギー機関(IEA)によると、建築環境は世界の年間CO2排出量の40%を生み出し、建築業務は27%を担っている。循環型社会と生物由来の材料の使用は、建設部門における体積炭素を削減する2つの重要な戦略である。(Waugh Thistleton Architects, 2023)。

コーブルク応用科学芸術大学でタイニーハウスの開発に関する研究が行われ、タイニーハウスは空き地や建物の上、あるいは駐車場に設置された場合にのみ、都心部の再密集化にとって意味があることが実証された。タイニーハウスはまた、都会暮らしから脱出することを選ぶ人が増えていることから、田舎にも進出している。

様々な意味で、タイニーハウスは大衆の想像力をかきたてている。インスタグラムでは、「tinyhouse」というハッシュタグが330万件近く投稿されている。タイニーハウスの魅力は(広く普及していないにせよ)広く浸透している。タイニーハウスは、ダウンサイズして断捨離し、シンプルで持続可能な生活を送り、スローライフを受け入れる機会を提供してくれる。

 

ここで紹介するタイニーハウスは、さまざまな場所で、さまざまなモデルとスタイルを紹介している。

 

1. Circular Tiny House

photo_credit Sebastian Kolm
Sebastian Kolm

バイエルン州コーブルクにあるコーブルク応用科学芸術大学の修士課程「持続可能な計画とデザイン」を修了した学生たちが、円形タイニーハウスのプロトタイプを設計した。研究用の建物として、この家は藁、木材、粘土で作られている。この宿泊施設は、19平方メートル(205平方フィート)の使用可能な床面積を提供し、持続可能で、安価で、建築と解体が容易な構造である。

 

2. Casa Parásito

photo_credit Andrés Villota
Andrés Villota
photo_credit Paolo Caicedo
Paolo Caicedo

エクアドルのキトでは、El Sindicato Arquitecturaが小さなCasa Parásitoを設計した。わずか12平方メートル(129平方フィート)のこの家は、キトの人気地区サンフアンの屋上にある。最小限のデザインで、このAフレームハウスは「個人や若いカップルにとって基本的な居住に必要なものを解決する」ことに重点を置いていると建築家は言う。既存の屋上に建築物を配置することで、水道、廃棄物、電気への接続を可能にし、建築家は都市のさらなる密集化を最小限に抑えた。

 

3. Kirimoko Tiny House

photo_credit Simon Larkin
Simon Larkin

コンドン・スコット・アーキテクツが設計したニュージーランドのワンナカにあるキリモコ・タイニーハウスは、30平方メートル(323平方フィート)のコンパクトな1ベッドルーム住宅だ。この家は構造用断熱パネル(SIP)で建てられ、パッシブ冷暖房技術を利用している。

 

4. Tiny House for a Tall Guy

Caption

アムステルダムにあるこの「背の高い男のための小さな家」は、ユリウス・タミニアウ・アーキテクツが設計した。35平方メートル(377平方フィート)のこの家は、余分なものを制限し、空間が広く、明るく、バランスよく感じられるようにしている。空間を仕切るキャビネットが、ベッドとリビングエリアやキッチンを分けている。

 

5. The Backyard Home

photo_credit Joe Fletcher
Joe Fletcher

イギリスの建築・デザインスタジオKotoとアメリカの住宅メーカーAboduが共同で「裏庭の家」を開発した。このモジュール式住宅は、北欧のシンプルさとカリフォルニアの雰囲気を融合させている。

 

6. Container House

photo_credit Ruy Teixeira
Ruy Teixeira

ブラジルの建築家マリリア・ペレグリーニは、コンテナ・ハウスを使って、輸送用コンテナを想像力豊かな現代的住宅として再構成する方法を紹介した。輸送用コンテナを使うことで、持続可能性と材料の再利用が促進される。さらに、建設期間も大幅に短縮される。

 

7. Jewel

photo_credit Masao Nishikawa
Masao Nishikawa

東京都世田谷特別区にあるこの背の高い細長い木造住宅は、「旗竿」敷地(狭いアプローチの正方形の敷地)に建てられている。APOLLO Architects and Associatesが設計したこの80平方メートル(861平方フィート)の住宅は、建築家が高密度都市の限られたスペースに小さな住宅を建てる可能性を示している。

 

8. Treeangle

photo_credit Justin Rush, Rush photography
Justin Rush, Rush photography
Benchmark Thermo-Pine
Thermory
Benchmark thermo-pine sets a new standard for softwood cladding. Thermal modification makes the pine more durable and stable while emphasizing its warm golden-brown color and characteristic knot pattern – all wi...

アメリカ・ジョージア州で、建築家キャサリン・モック・パゴーは78平方メートル(840平方フィート)の2階建てキャビン「ツリーアングル」を設計した。斜面に家を建てることで、その三角形のデザインと名前にインスピレーションを得た。化学物質を一切使わず、熱で黒く変色させたサーモリーパイン材を使用したこのキャビンは、地元産の木材を使った自然な色合いが特徴だ。ツリーアングル・ハウスは、タイニー・リビングのコンセプトに基づいている。

 

9. Adraga

photo_credit João Carranca
João Carranca

アドラーガは、ポルトガルの建築スタジオ、マデイギンチョが設計した小さな家だ。自然の近くで暮らしたいという定年退職後の夫婦のためにつくられたこの小さな木造住宅は、空間を最大限に利用し、2階には寝室もある。

 

10. Micro House Slim Fit

photo_credit Christiane Wirth
Christiane Wirth

アナ・ロシャ・アーキテクチャーが設計したマイクロハウス・スリムフィットは、都市の高密度化のために作られた50平方メートル(538平方フィート)の住居である。敷地面積は16平方メートル(172平方フィート)で、駐車スペース2台分にも満たない。スリム・フィットは、単体でも、連結したユニットでも、建物と建物の間でも立つことができる。

 

参考までに:

ワウ・ティストルトン・アーキテクツ(2023)。Timber Typologies. ロンドン: Timber Development UK.