Detail: filigree grid around residential building The Line in high-strength concrete
Sebastian van Damme

詳細: 高強度コンクリートの居住用建物 The Line を囲むフィリグリー グリッド

10 Mar 2023  •  詳細  •  By Michiel van Raaij

Overhoeksで、 Orange Architects 住宅用建物 The Line に高強度コンクリートのフィリグリー グリッドを提供しました。このグリッドはどの程度正確に詳細化されていますか? Orange Architects の建築家 Jeroen Schipper は、 Archelloの姉妹会社であるArchitectenwebにツアーを提供し、ファサードがどのように作成されたかについて詳しく説明しました。

「 Overhoeksでは、頑丈な建物が密集して立ち並んでいます」と語るのは、Orange Architects の建築家 Jeroen Schipper 氏です。 「そのため、バルコニーの端が垂直要素と一緒にフィリグリー グリッドを形成する円形のバルコニーで、いくらかの明るさをもたらすというアイデアが私たちに浮かびました。住宅の建物が一種のドッキングされたクルーズ船のように近所に溶け込むようにするためです。」 「私たちも
石造りの建物を作りたかったので、非常に早い段階でスケッチ デザインの段階で高強度コンクリートにたどり着き、Hi-Con に協力を求めました」と Schipper 氏は続けます。 Hi-Con バルコニーの超高強度コンクリート (UHSB) を使用すると、60 mm の面で作成できます。これに続いて、オレンジ アーキテクツはビューの垂直要素にも 60 mm のサイズを与えました。

ここで適用する高強度コンクリートは、ステンレス鋼繊維を含んでいるため、通常のコンクリートの約6倍の圧縮強度があります。マイクロシリコンもコンクリートに追加され、コンクリートのほぼすべての気孔を密閉します。ここで使用されるコンクリートの技術名はCRCi 2 で、最大約 3.6 メートルのカンチレバーを作成できます。カンチレバーは 60 mm にすることができますが、その背後のバルコニーは自然に先細りになります。これは、最大 2 メートルのカンチレバーである The Line の住宅用建物にも当てはまります。ファサードでは、バルコニーも「先細り」になっており、コンクリートがファサード面に向かって曲がっています。

photo_credit Sebastian van Damme
Sebastian van Damme

コンクリートを流し込む際、ハイコンは木型を使用します。 The Line のバルコニーに流し込むときは、形状が複雑なため、スタンディング モールドを使用することにしたので、バルコニーは横向きに流し込みました。その過程で、これらの金型は湾曲した側から型
から外されました。長さ約 13 mm のスチール ファイバーに加えて、バルコニーには通常の補強材もあります。これにより、それらを使用して計算することが容易になります。また、バルコニーは建物の主要な耐荷重構造から、その補強材を介して吊り下げられています。

photo_credit Orange Architects
Orange Architects

垂直要素
「これらの垂直要素により、バルコニーは一種のベランダに変わります」と Schipper 氏は考えています。 「そうすれば、住宅の建物の間の公園に実際に座っているのではなく、もう少し保護された場所に座ることができます。バルコニーは家と少し調和しています。」そうすることで、彼はまた、バルコニーが遠近法で少し閉じていることも興味深いと感じています.これにより、建物に層状のファサードが与えられました。
シッパーが「棒」とも表現する垂直要素は、主に建物の認識に役立ち、それ以外のサポート機能はありません。したがって、それらはバルコニーからも吊り下げられています。バルコニーの穴は、この目的のために工場で準備されました。各穴にはゴムのネジが掛けられており、このネジには垂直要素が掛けられています。各垂直要素には、この目的のために上部にすでに穴が開いています。バルコニーの穴は丸いタイルで塞がれています。垂直要素が下のバルコニーに触れる場所は、フックで固定されています。このための穴も工場で準備されています。
バルコニーと同様に、垂直要素にも鋼繊維に加えて定期的な補強が施されています。ちなみに、型枠の丸みを帯びた角は、鋼繊維がコンクリートから突き出るのを防ぎます。

photo_credit Sebastian van Damme
Sebastian van Damme
photo_credit Sebastian van Damme
Sebastian van Damme

 The Line のコンクリート グリッドをよく見ると、そのビューが背後のコンクリートよりも明るいことに気付くでしょう。設計プロセスは当初、オランダでの生産を想定していたため、コンクリートはやや白くなりました。その後、生産がデンマークで行われることが明らかになり、そのサンプルを受け取ったとき、その工場のコンクリートはやや灰色であることが判明しました.コンクリートの組成がわずかに異なるためです。妥協案として、その明るい灰色のコンクリートを使用することが決定されましたが、外観はより白いコーティングにすることにしました。 「これは一種のコンクリート ワニスです」と Schipper は冗談を言います。バルコニーの縁については、ビューがコーティングされ、垂直要素については前面と側面の両方がコーティングされています。

これらの垂直要素のもう 1 つの興味深い点は、ボックス化された側面が正確にコーティングされているため、「背面」が粗くなっただけでなく、異なる色になったことです。シッパー: 「このように、コーティングは、より滑らかな箱型の側面と、より粗い裏面の効果を高めます。」

photo_credit Hi-Con
Hi-Con
photo_credit Hi-Con
Hi-Con

 バルコニーの丸い穴

Overhoeksのすべての建物と同様に、 Geurst & Schulzeによる都市設計計画でそのように規定されているため、この路線には上部に 3 つのセットバックがあります。建物の周りのフィリグリー グリッドのロジック内で、バルコニーの端がここに作成され、誰も通り過ぎることはありません。日光がそこかしこに差し込むように、オレンジ アーキテクツは丸い穴を設計しました。
「通常、これらは設計プロセス中に切り取られます」と Schipper 氏は言います。 「それはここでも起こりましたが、すぐに戻ってきました。くぼみの追加費用が追加の材料費を上回らなかったからです。」ここで使用される高強度コンクリートは、通常のコンクリートよりも約 30 ~ 40% 高価です。したがって、バルコニーの端にある丸い穴は、以前に元が取れていました。ちなみに、ファサードのもう 1 つの興味深い点は、雨水排水管 (HWA) が含まれていないことです。 「水は建物から流れ落ちるだけです」とシッパーは言います。材料の密度が高く、気孔がほとんどないという事実により、コンクリートは汚染されたとしてもそれほど汚染されず、水はコンクリートの上を簡単に流れることができます.どんな汚れも簡単にふき取ることができます。それは少なくとも理論です。今から 10 年後に建物がどのように見えるかを見るのは興味深いでしょう。

photo_credit Sebastian van Damme
Sebastian van Damme

オープンクラッド

「コートの場合と同じように、外側と裏地が異なる場合があります。ここでは、フィリグリー グリッドの背後にあるファサードに異なる特徴を与えることが興味深いと感じました」と Schipper 氏は言います。その「ライニング」に強い垂直線を与えるために、オレンジ アーキテクツは、このファサードの閉じた部分にアルミニウムの T プロファイルを提供することを選択しました。これらのプロファイルは互いにわずかに離れているため、実際にオープンなファサードが実現されています

photo_credit Orange Architects
Orange Architects
photo_credit Sebastian van Damme
Sebastian van Damme
photo_credit Orange Architects
Orange Architects
photo_credit Orange Architects
Orange Architects